生命保険外交員の皆様

税理士事務所だからできること

◆税務に関する相談に対応できる

所得税や相続税など各種税に関するものから退職金の受け取り方まで、お客様が抱える税務相談に迅速に対応します。

◆TKC会計ソフトを活用

税法は毎年のように改正があります。その為見逃してしまうと間違った処理をしてしまう・・・ということが無いように、税制改正に完全対応したTKC会計ソフトを活用することで正確な処理を行うことができます

◆記帳代行から税務申告まで全てを任せられる

確定申告ができるのは「納税者本人」または「税理士」のみと税理士法で定められています。毎月の月次処理から引き続き税務申告ができるのは税理士事務所に依頼する利点であり、信頼性の高い業務で申告書類を作成します。

◆職員教育

定期的に税理士による勉強会を行い税法に基づいた経理処理の知識を学んでいます。お客様に一番近い役割だからこそ知識の向上は必要不可欠。よくある問い合わせ内容などを題材に正しい処理を学んでいます。

チームミーティングの実施

進捗状況の確認、訪問先とお客様確認、訪問時やお電話にて頂いたご意見ご質問等の内容を報告・検討するなど、あらゆる情報を共有します。誰一人として同じ内容の申告はありません。

様々な状況に応じて正確に対応できるように、そして様々な事案に対し共通認識でいられるよう重点を置き、日々の処理に活かしています。

記帳代行・税務申告の流れ

■資料準備

事業にかかわる領収書や明細、通帳コピー、祝金等の支払内訳書を、お渡しする専用封筒に入れて準備していただきます。

■資料回収

毎月担当者の訪問による集配、又は郵送で領収書をお預かりします。訪問エリアは主に岐阜県内ですが、詳しくはお問い合わせください。(大型連休等ある月は訪問できない場合もあります。)

■収支報告

お預かりした資料を集計し、後日「収支報告書」を郵送します。売上・経費内訳・経費率等をご確認していただくとともに、足りない資料の報告もさせていただくことで経費漏れの無いよう配慮させていただきます。

確定申告

申告書を作成してから案を郵送させていただき、申告内容の検討・確認をさせていただきます。ご承諾いただいてから弊社から税務署へ申告業務を行います。

■申告完了

確定申告が完了しましたら、申告書の控え(原本)とお預かりした期中資料を郵送、又は訪問時に返却させていただきます。

よくある質問

Q.どのような資料が必要ですか?

 A.  事業にかかわる領収書や明細等、必要と思われる資料は書面をもって丁寧に説明させていただきます。

Q.事業にかかわるとは具体的にどんなものですか?

 A.  お客様への手土産や接待費、交通費や車に関する費用など、仕事上で必要なものをさします。他にも経費の対象になるものがありますのでご連絡いただければいつでもお答えします。

Q.依頼しようか検討中でも説明だけ聞いてもいいですか?

 A.  もちろんです。ご説明やご質問等対応させていただきますのでお気軽にお電話ください。必要であれば案内も郵送させていただきますのでお申し付けください。

Q.資料は毎月準備しないといけませんか?

 A.  収支報告書では売上・内訳・経費率を各月ご確認いただけます。毎月資料をご用意いただけるとタイムリーな収支をご報告することができますので、ご準備いただけることをおすすめします。

Q.預けた資料の中で経費に計上されないものはありますか?

 A.  プライベートなものや、経費として認められない領収書は計上できません。お客様一人一人の営業スタイルによって判断に困る場合はお気軽にご相談ください。

Q.通帳コピーは用意しないといけませんか?

 A.  節税メリットがありますのでご提出いただいております。ただし白色申告の方や青色申告10万円控除を選択された方はその限りではありません。詳しくはお問い合わせください。

Q.通帳はプライベートなものなので提出したくありません。

 A.  事業用に新しい口座をご用意いただければプライベートと分けることができます。それにより必要な部分だけをお預かりすることができますのでご検討ください。

Q.香典や祝金など領収書が出ないものはどうしたらいいですか?

 A.  弊社から支払内訳書をお渡ししますので、必要個所にご記入いただきご提出してください。

Q.料金はいくらくらいでしょうか?

 A.  生命保険外交員様特別価格で承ります。月々の記帳代行料に確定申告時には申告料を別途頂きます。申告の内容(消費税課税事業者か免税事業者か、その他の所得の有無)によって金額も変わりますので、お問い合わせ下さい。