採用情報

私たちと一緒に仕事をしてみませんか?

当事務所は、TKC全国会会員の事務所です。TKCシステムを理解している方もそうでない方でも構いません。

我こそはと思う人、是非当社の求人に応募して下さい。そしてぜひ事務所を訪問して下さい。

明るく素直な方、熱い想いのある方を募集しています。

このような方は大歓迎です

  • 簿記や会計・税法等を勉強してきて、その知識を役立たせたいと考えている方
  • 税務や会計を通して中小企業の役に立ちたいと考えてる方
  • お客様の経営計画の立案のお手伝いをしたいと考えている方
  • 税務会計のみならず企業の経営のアドバイザーとして活躍したいと考えている方
  • 違う分野の仕事をしていたが税理士や公認会計士に興味があり、これからそれらを学んでいきたい方


以下のいずれかに当てはまる方は、より活躍のチャンスがあります

  • 法人税法や所得税法等に沿った正確な申告書を作成したい
  • 税理士法第33条の2による書面添付制度を活用したい
  • 企業の自計化支援によりタイムリーな経営状態を把握させ、適切な判断をしたい
  • 相続税法や贈与税法といった資産税関連業務が好き
  • 中小企業の事業承継やM&Aなどの業務に取り組みたい
  • 各種補助金や助成金を活用し、中小企業をバックアップしたい

などなどを一緒に楽しく取り組みたい方


職員インタビュー

会計事務所の職員は、ずっと事務所の中で仕事をする訳ではありません。

税法に則った正しい決算・申告書の作成には、お客様を訪問する「巡回監査」が必要不可欠です。

ある監査担当者に仕事の流れを聞いてみました。

関与先では具体的には何をしているのですか?

まず、お客様がパソコンに1か月分の会計データを入力します。

監査担当者は帳簿及び書類を基にそのデータ(仕訳)で取引内容を確認します。

疑問点があれば、まとめてその場で聞き取り、確認・訂正をしながら一つ一つ解決していきます。

このように正確な帳簿作成のために巡回監査を行っています。

お客様とはどんな話をしていますか?

月次の試算表が出来上がったら、その場で内容を社長さんに報告したり、相談などを受けたりします。

毎月の社長さんとの会話は会計だけに限らず、保険や業界の動向、節税対策、相続の相談など多岐にわたります。

大切なことは何でしょうか?

やはりコミュニケーションがとれることが大切だと思います。

計事務所の職員というと、事務所の中で電卓をたたいているイメージが強いと思いますが、巡回監査担当者は、お客様を訪問して監査をすることが主な業務となります。

そのためには、まずお客様と話が出来ることが重要になります。